忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今、大変な怒りで、体がふつふつしております。

演劇をやる時、私が一番苦手なのは怒りの表現なんですよ。
大人になったら、いちいち小さなことに怒ってられないじゃないですか。
それで、そんな感じで、怒らないように怒らないようにって思っていたせいか
怒りのハードルが低くなってたみたいで。
お芝居で、怒りがうまく表せないとき、先輩から
「最近怒ったことは?」
と聞かれると、
最近むっとした時のこととか話してたんですけど。
ちょっとした怒りとかむかっとすることなんていくらでもあるんですけど。
だけど、大きな怒りって、実はあんまりなかったことに気付きました。
これ、きっと私だけじゃなくて、歳をとるとみんなそうなるんだと思うんです。

そんな中で今日、むかつくことがあって
「ああ!!!怒りってこういうことか!
あの時話した怒りなんて全然大したことないわ、
くっそぉ!」
って感じなんです。

なんか、こうやって書くとすごく遠回りに
皮肉言ってるみたいなんですが、
そうではなくて。
今日、むかつくことがあったのは
大学で、とあるサークルの公演を見て
そのあと起こったことに対して怒ってるから
演劇の話をしています。

ああ、怒りすぎてうまく文章書けないや。
怒りってこういうことだよね。
こんなにふつふつとした破壊心を呼び起こす怒りって
久々だな。中学以来かな。

でも、感情の振れ幅が、いかに演劇に大切か知っているので
とにかく書こうと思います。
高校生の時、ブログに愚痴とか悪口は書かないようにしようって
決めてたんですけど、(だってそんなの読む人の気分悪くするじゃないですか)
今は考えが変わったので書きます。
怒りは抑えてばっかじゃいけないんです。
感情を素直に出すこともきっと大事なんです。
間違ってるかもしれないけど。

今日ね、劇団の公演があって、受付とかの手伝うひとが足りないっていうから
手伝いに行ったんですよ。
そんでぼけーっとしながら受付やって。
普通、受付って、お芝居やってる間も外で待ってて
遅れてくる人の対応とかするんですけど
その劇団は適当な団体だし、あんまりお客さん来ないんで、
受付の私も、公演見れたんですよ。

それで、終わって、脚本と演出をやった人に
「どうだった?」
って聞かれたんです。
それで、私の感想を素直に言ったんです。
最初、おもしろかったけど、後半、場面の切り替えがはっきりしなくて
退屈だったっていうことを。
もう少し、やんわりとした言い方で。
こうした方がいいんじゃない?って。

お芝居って、正解があるものではないし
人の好みも違うので
別に、私の意見を強要したわけでもなく
ただ感想を言おうと思って。
おもしろくないと思ってるのに、表面的に
「おもしろかったです」
って言われるのが、役者をやってる私にはつらいので。
素直な感想を聞きたいと、心の底から思ってるので。
今日見た、劇団を好きだからこそ
正直に言ったんです。

だけど!
それが、劇団の人たちには気に食わなかったらしくて
空気が急に固まって。
「じゃあ、それアンケートに書いといてください」
って強く言われて。

他のお客さんに
「おもしろかったです~」
って感想言われたら
「そういうふうに言ってもらえるのが一番うれしいです!」
って喜んでました。

あなたたちは、褒めてもらう感想しか受け付けないのか!
人の感想を素直に聞くことができないのか!

これが私の怒りです。
ほんっとくだらない小さなことで怒ってますね、私。
だけど、信じられない怒りです。
これがね、自分とは関係ない劇団だったらいいんですけど
私が尊敬する人たちを輩出した劇団で、
私もその劇団でそのうち役者をやろうかなぁ~って思ってたところだったので
なおさらむかつくのです。
きっと、OBやOGの人たちのアドバイスなら素直に聞くのでしょう。
私みたいに大学一年の、お芝居を始めたばかりの人間が言うことは
聞けないんでしょう。

でも、自分たちのお芝居に満足して、
肯定的な意見しか聞けないような人たちは、これからなんにも成長しないと思う。
そんなの自己満足でしかない。
もちろん、すべての人に受け入れられるお芝居なんて存在しない。
だけど、自分たちに対する批判意見も知っておかなければ
芝居は展開していかない。
うちへうちへと入り込んでいく芝居なんて病気でしかない。
それに私が、言っていたのは批判ではなく
感想であって、こうしろああしろって言ってるんじゃない。
そんなことも聞けないで、
お友達の観客から
「おもしろかったよ~」という
本心だか嘘なんだかわからない言葉を聞いて
それで満足か、お前ら!!

私は、あの劇団の役者をやることはないでしょう。

以上、愚痴でした。
今度、お芝居の練習の一つ「感情解放」をやることがあったら
この怒りを思い出そう。
きっと、今までにない私を表現できる。
PR


【いかり】
怒られるほうはとぼっちりですな(笑)
【>ゆうさん】
あはは、全くもってそのとおりです!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
sol
性別:
女性
自己紹介:
生物を勉強している
大学3年生です。
高校卒業後、代々木で1年足踏みしたため
今21歳です。
大学生のうちにやっておきたいことの一つは
人の輪を広げること。
コメント大歓迎です。



学生ブログランキングに参加しています。